Black_Viper_Storming_With_Vengeance_Demo_2016

『Black Viper / Storming With Vengeance Demo 2016』

9月デス。
最近、アヴァンギャルドロック効果なのかシン・ゴジラ感想の効果なのか、アクセス数が伸びてます。
ありがとうございます。素直にブログのアクセス数が伸びると嬉しいです。
このまま、表舞台で活用できるマルチ音楽ブログへ向けてアゲて上げて~

 

落とす!

これよ。これが地下メタル(血湧き肉躍る)ブログの定石よ。

ということで、今日はスンゴイ新人スピードメタルで気合の入れ直しデス!
本日紹介のカセットはBlack Viper / Storming With Vengeance Demo 2016
期待の新人というより「人類の希望」「未来への羅針盤」といっておきましょう。

 

Black_Viper_Storming_With_Vengeance_Demo_20161
カバーアートはJoanna Beaumont オーストラリアの地獄のヘッポコレーベル Heavy Chains Records と、スウェーデンのBifrost Records からカセットがリリースされていましたが、共に初回プレス分は完売。大阪のROCK STAKK RECORDSにも入荷していたようですが瞬殺であったことは想像に難くない。
だがしかし、買えなかった方に朗報です。最近Heavy Chains Recordsから再プレスされましたので現在購入可です。お早めに!

【http://www.heavychainsrecords.com/】

 

勢いに乗るノルウェーメタルシーンより若手スピードメタル登場

ノルウェーはオスロ出身のスピードパワーメタル。2016年 3曲入りデモ。

近年、ノルウェーでは何気にブラックメタル以外の若手も熱いのデス!
特にオススメしているのがReptilian、Execration、Obliteration、Nekromantheonといったテクニカルデス/スラッシュ勢ですけど、今回紹介するBlack Viperを含めたスピード/パワーメタルシーンとも若手同士で繋がっていると思われます。憶測ですけど。
メンバーは以下の4人。

Salvador Armijo – Vocals
Arild M. Torp – Guitars
Christoffer Braathen – Bass
Cato Stormoen – Drums

このバンドを調べてみると、上記の “Obliteration” 兼 “Nekromantheon” のギターでもあるArild M. Torpが在籍していたり、他にもノルウェーで活動する若手デスメタルやパワーメタルバンドのメンバーが集まったプロジェクトのようで少し驚きました。まずは曲からどうぞ。

 

 

メロスピ x 666

スゴイ! 基軸となるのはNWOBHM風スピードメタルだが、ブラックスラッシュの毒牙が見え隠れする。
パワーメタルとスラッシュ・デスメタル混成メンバーの趣向がうまく相互作用した結果、攻撃的でありながらキャッチーな高揚感に満ちているのです。

Lost Horizonの再来とまでは言わないけれど、それに近いテンションとインパクトです。しかも、まだデモテープの段階ですからね。現在はアルバムに向けて準備中だとか。これは日本でのブレイクもあるかも! 早くアルバム作って人類を救済(来日)してほしいです。Great!!!