Psychedelic_Witchcraft_Black_Magic_Man1

『Psychedelic Witchcraft / Black Magic Man』

どうもどうも、アナログデス! こんにちは。
今回もデスメタルではなくイケイケハードロックの紹介です。本日のレコードはPsychedelic Witchcraft / Black Magic Man 今注目を集めつつあるイタリアの魔女娘です。

Psychedelic_Witchcraft_Black_Magic_Man2
このジャケはどうなんだろ。

Psychedelic_Witchcraft_Black_Magic_Man3Psychedelic_Witchcraft_Black_Magic_Man4
限定100枚の2色カラー盤 。ファーストプレスの10インチ盤は完売しましたが、現在はジャケも一新され12インチで再販されています。再版盤ジャケのほうがカッコイイかな、12インチだし。でも、300枚限定なので欲しい方はお早目に。通販はこちらから→https://taxidriverstore.bandcamp.com/album/black-magic-man

 

妖艶に舞う イタリアン・オカルト/サイケハードロック

イタリアはフィレンツェ出身のサイケデリック・オカルトロック 2015年 4曲入り1st EP。
女性シンガーVirginia Montを中心にメンバーは以下の4人。

Virginia Monti – Vo
Riccardo Giuffrè – Bass
Jacopo Fallai – Guitar
Mirko Buia – Drums

簡単に経歴を紹介するとボーカルのVirginia Montiさんは、ミラノで彼と住んでいたけど失恋、失業のダブルパンチを喰らい、失意のどん底でフィレンツェに帰る。心の隙間を埋めるかのように大好きな魔術書を読み、Jefferson Airplaneを聴きまくってたらオカルト・サイケなバンドをやりたくなったそうです。
女心は難しい……

 

ポップでキャッチー シンプル イズ ベスト!

70年代の女優リンダ・ヘイドンや「鮮血!! 悪魔の爪」などのホラー映画をテーマにしたオカルトロックでありながらポップなメロディが耳に良く馴染む。ゆるいファズ音にシンプルで軽快なグルーヴ。自然と体が踊りだすかのような60~70sリバイバルサイケが大変に心地よい。

特筆すべきはやはり女性ボーカルVirginia Monti氏の妖艶さでしょうか。
“Blues Pills”の Elin Larsson と“Lucifer”の Johanna Sadonis を足して2で割った感じです。ようするに、気高い雰囲気の中に気怠さを感じる歌声ということです。本気を出したら凄い歌唱力がありそうなのにリラックスした素朴なスタイルがとてもかっこイイ。
女性ボーカル・サイケロックファンの方にオススメです。Great!!!

 

それと、4月に待望の1stアルバム「The Vision」がリリースされました。
レコードを買ったら紹介するかも。