Black_Lung2

『Black Lung / Black Lung』

「若者のHR離れ」

今日はHR(ハードロック)。 といっても最近日本でのHR人気ってどうなんでしょうか? 人気どころか10代、20代はHRとか興味なさそうですね。と言うかダサい? そんなことありません! 是非聴いてもらいたいデス。この熱きHRサウンドを! Black Lung / Black Lung 30代以上の方にも、もちろんオススメ。

Black_Lung3Black_Lung4
煙の馬? ジャケからナイスな感じ。

Black_Lung5Black_Lung6
“Black Rainbow” St. Vincentのカバー曲入り

2010年代、新世代ハードロックの形

アメリカはメリーランド州ボルチモア出身のドゥームブルースバンド 2014年 1st EP。メンバーはDave Cavalier – Guitar, Vocals、Adam Bufano – Guitar、Elias Schutzman – Drums のベースレスなトリオバンド。下記のYoutube見ればわかりますがベース無しでも問題なしのヘヴィグルーヴ。完全にライヴバンドです。カッコ良すぎです。イギリスではギターレスのRoyal Bloodがめちゃくちゃカッコよかったり、ロックも変わってきましたね。セカオワは正しかったんや! 的な話は荒れるのでやめときましょう。


コレ来たんじゃない!?  ※3曲目はアルバム未収録の新曲デス。ヤバスギデス。

温故知新 ヘヴィ・ダーティなドゥーム&ブルースロック誕生

やっぱギターロックは最高デス! この土臭いウネリがたまらなくカッコイイ。60~70年代のソウルフルでブルージーなHRからの影響はすぐにわかりますが、ただのリバイバルストーナーロックではありません。US,UK問わない自由さを持ち合わせ、今風ポスト~的なサイケデリック感もあり、古典ロックを現代的なサウンドに再構築しているあたりがタダモノではない気配がします。ギターロックで痺れたい方なら年齢関係無くオススメDeath!

「渋い」 とか言うと、ますます離れていくような気がするので、ここは「激渋!!!」Death!