metallica_master_of_puppets

 『METALLICA / Master of Puppets』

「ウソのような、ホントの話」

先日、いつものように(間抜け面で)プログレコーナーを物色していたら、何故かMETALLICAのMaster of Puppetsが紛れていてビックリしました。「おぉ、USオリジナル盤、しかも安い。」 これは叫ばずにはいられない。
「マスタ~っ(店長ぉ~)!?」

 

metallica_master_of_puppets2
ちょっとジェケに跡があるけどこれは嬉しいです。

metallica_master_of_puppets3metallica_master_of_puppets4metallica_master_of_puppets5
でも “Ride the Lightning” の方が好きだったり…。

 

プログレコーナーでMETALLICAを見つけた話などは、どうでもいいんです。本題はこのLP、オリジナルCDより音がいいんです。好みの問題とかではなく、本当に音がいいんです。
最初に聴いた時、「あれ?ものすごくカッコよく聴こえる」と、少し違和感がありました。気のせいだろうと思ってCDを再生したらやっぱり違うんです。
LPは、ギターはザックザク、ベースはブリブリしてよく聴こえます。ザックザクのブッリブリですが、滑らかで非常に聴きやすいんです。一方CDは、ベースは集中しないと聴こえないし、ギターは大げさに言うとジャリジャリしてて汚い音って言うのでしょうか。単純に僕のオーディオ環境がよくないのかは解りませんが、これにはビックリしました。80年代当時、CDとLPが同時リリースされたものに関しては要注意ですね。

と言うことで、またプログレコーナーでも漁りに行こ(Ride the Lightning 紛れていないかな…)。