今日は、アナログレコードセールに行ってきました。
CDのセールにはよく行くのですが、レコードのセールは初めてです。「アナログ生活は初めてだらけで楽しいなぁ。」と、ふわふわしてたのも束の間、会場の入り口で固まってしまいました。
「怖くて入れません。」 
初めて乗った首都高速の合流地点くらい怖いです。先輩方は、とにかく猛烈な勢いで盤を抜き出す。もう、何を基準に選んでいるのか解りません。僕も負けじと何枚か買ってきました。

sell1

sell2

100~800円のセールでした。最近、はまりつつあるプログレもの。せっかくなので他のジャンルも聴いてみようと綺麗な女性アーティストをジャケ買い。メタルじゃないからレビューはしないけど楽しみです。

さて、ウキウキして買ってきた中古レコード。でも汚い。ほんとに汚い!一見綺麗に見えても、拭いてみるとヤニで真っ黒ってのもあります。

cleaning1
僕のクリーニング方法は、「水でジャブジャブ洗う」です。紙のレーベルのところは意外と水に強く、一度や二度洗っても剥がれたり、ふやけたりしないので気にせず洗っています。食器用の洗剤と柔らかい布で、やさしく汚れを落とす。

cleaning2
よく乾かす。

cleaning3
仕上げはネットで調べると必ず出てくる精製水で拭きます。

cleaning4
鏡のようにテカテカだ!

ネットでレコードクリーニングと調べると沢山ヒットします。みなさん、クリーニング方法に独自のポリシーというか美学をもっていて、とても参考になります。
僕もいくつか試してましたけど、効果のほどはわかりませんので、一番精神的にしっくりくるというかスッキリする水洗いに落ち着きました。静電気対策はしていないので、聴き終えたらバチバチです。静電気対策はこれからの課題です。